事前告知や特別講習は庭木の伐採を行うための作業内容の一つ

業者に作業の告知をしてもらおう

女性

庭木の伐採作業を急に行ってしまうと、騒音などで近隣住民に迷惑をかけてしまい、トラブルの元になってしまうことがあります。前持って伝えておけば、万が一何かトラブルが起きても近隣の方は了承してくれるでしょう。

事前告知も作業内容に含まれている

庭木の伐採を行う前に済ませていた方が良いことはありますか?
近隣住民に伐採作業に入ることを伝えておいてください。庭木の伐採作業は、極力音を出さないようにしていますがどうしてもある程度の音は発生してしまいます。何の告知もせずに作業を行ってしまうと、近隣住民にとって非常に迷惑な行為となってしまいます。場合によっては役所に連絡されたり、騒音が問題で裁判沙汰になったりしてしまうことも考えられます。もし専門業者に伐採作業を依頼するのであれば、依頼された業者が事前告知を請け負ってくれます。事前告知は伐採の作業内容の一つとして含まれるからです。業者の担当者が、近隣住民へお知らせの用紙を配って作業に入ることをしっかり伝えてくれます。事前に伐採告知していればトラブルに発展することもありません。

誰でも伐採できるわけではない

力作業が多い庭木の伐採は、女性だからできないということではありません。木を伐採する作業内容を把握するためには、特別教育を受講しなくてはなりません。

高い木の伐採は「特別教育」が必要

条件以上の木を伐採する際は、労働安全衛生規則といった特別教育を受けていないといけません。木を伐採する際にチェーンソーを使用する場合も、労働安全衛生規則で決められた教育を受ける必要があります。木の高さが高いほど伐採作業の危険度が高くなります。木を倒す際には、方向を間違えてしまわないようにロープで固定しますが、その方法としては難易度が高いです。自分で庭木の伐採を行うための作業内容を把握するには、専門の教習所で特別講習行っており18歳以上であれば資格を取ることができます。授業では伐採に関することやチェーンソーの使い方などが受けられます。

TOPボタン